ミノキシジルと他のAGA治療薬は併用可能?

併用可能なAGA治療薬について考える男性

AGAに対して強力な作用を期待できるということで、ミノキシジルを配合した外用治療薬は世界90ヵ国以上で販売されています。
特に、頭頂部のAGAに対して有効で、かなり進行した状態から回復させたケースも多数報告されています。

一方、生え際が後退するタイプのAGAに対しては、ミノキシジルを使用しても進行を止められないということが起こりがちです。
何故なら、この部分は男性ホルモンの影響を特に強く受けてしまうからで、ミノキシジルによる発毛促進作用だけではフォローすることが出来ないからです。
このために、生え際のAGAに悩んでいる場合は、違うアプローチが必要となります。

具体的には、AGA治療薬として厚生労働省からも承認されているプロペシアという内服薬を使用するという方法です。
この内服薬は、II型5α-reductaseという還元酵素の活性阻害剤で、AGAの原因物質のDHTの生産を結果的に抑制します。
これにより、狂わされていたヘアサイクルが元の状態に回復するので、抜け毛が減少するという結果に繋がります。

なお、このプロペシアとミノキシジルは作用機序が異なっているので、併用することが可能です。
これにより、プロペシアによる脱毛防止とミノキシジルによる発毛促進が同時に発揮されるので、さらなる有効性を期待できるということになります。
このために、プロペシアとミノキシジルの併用は、脱毛部位に毛根組織を移植する自毛植毛と共に、最も強力な育毛治療と考えられています。

ちなみに、ミノキシジルとプロペシアの併用が可能な理由は、育毛剤と内服薬というアプローチの違いも関係しており、お互いの作用が阻害されるようなことはありません。
つまり、混ざり合うような心配はないということです。

ただし、現在ではプロペシアの有効成分finasterideを配合したミノキシジル系の育毛剤も商品化されており、効率性という点に関しても工夫が施されています。
このために、2種類の治療薬を別々に購入しなくてはならないということもなくなっています。

AGA治療薬以外で併用を気をつける薬

ミノキシジルは、プロペシアなどのDHTの生産をブロックするタイプのAGA治療薬との併用は可能ですが、元々は高血圧を改善するために開発された成分であり、同時に服用するのは止めた方が良い薬もいくつか存在しています。
特に、血圧を急激に低下させるような医薬品との併用は注意しなくてはなりません。

具体的には、風邪薬や鎮痛剤に含まれているBurufen、性器周辺の血管を拡張させるバイアグラなどのED治療薬、神経伝達物質のセロトニンに働きかけて脳内血管を収縮させるSumatriptanなどです。
また、高血圧の治療薬との併用も血圧のコントロールが出来なくなるので、危険な状態を引き起こすケースが起こり得ます。

このために、これらを服用する際にはミノキシジルを控えなくてはならないのですが、それによるデメリットはほとんどありません。
何故なら、これらの有効成分が体外に排出されて以降は、再び服用することが出来るようになるからです。
例えば、ED治療薬のバイアグラの場合は5~6時間で体外に排出されます。
このために、これ以降であればミノキシジルを使用できるということになります。

つまり、晩にバイアグラを服用した場合は、翌日にミノキシジルを使用しても問題はないということです。
このために、併用禁忌薬が存在しているからといって、ミノキシジルを使用できなくなるというわけでは、必ずしもないということです。
ただし、この辺りは自己判断で決定するのではなく、出来ればかかりつけの医師などの専門的な知識を備えた人の判断を仰ぐようにするのが無難です。
何故なら、どの薬に何が配合されているのかを自分で全て把握しておくのは簡単ではないからです。