ミノキシジルと違うプロペシアの効果と副作用

プロペシア

ミノキシジルと同じように人気がある男性型脱毛症の治療薬がプロペシアです。
元はプロスカーという商品名で前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として使われていましたが、その後研究で毛の成長効果があることがわかり男性型脱毛症の治療薬として販売され始めました。

プロペシアが基本的に脱毛を予防して毛を強くする効果があります。
継続して使うことで毛量も増えたという人も多くいて、臨床試験でもプロペシアを使った人の多数が発毛効果が認められています。
服用することでDHTの生産が抑えられて毛周期が正常に移行します。
短縮されていた成長期が通常化することで毛が長く成長します。

厚生労働省で承認される前に行った臨床試験だと、1年間の服用で98%の確率で進行が防止されたとあります。
プロペシアにはミノキシジルには含まれていないフィナステリドが含まれています。
フィナステリドは5α-還元酵素を阻害する働きがあり男性型脱毛症を引き起こしやすくするDHTを抑制します。
その効果によって改善をしていきます。

ミノキシジルは一般的な薬局などでも配合されている商品が買えますが、フィナステリドは病院で診察を受けないと処方がされません。
また価格などもフィナステリドのほうがミノキシジルと比べると診察などを受けるため費用がかかります。

ミノキシジルにも副作用があることがわかっていますが、同じようにプロペシアにも副作用があります。
主に頭痛や下痢、眠気など医薬品にはよくある症状以外に、胃部不快感や頻尿など消化器系の副作用があるといわれています。
また、成分に対して過敏症の既往歴のある人や妊娠または妊娠している可能性がある婦人、授乳中の婦人は利用ができません。

プロペシアを服用すると逆に抜け毛が増えたという人もいますが、これは初期の効果の証拠でもあります。
男性型脱毛症は成長期と退行期、休止期という毛周期で成長期が短くなって休止期に留まる毛包が多くなるのが主な原因です。
初期脱毛もヘアサイクルが正常なサイクルに戻るために休止期の毛が抜け落ちるといわれています。

初期脱毛は早い人だと服用開始から3日目から症状が出てきて、1週間くらいの間に殆どの人に起きます。
それから約1ヶ月前後で初期脱毛の症状がなくなってヘアサイクルが正常に戻ったことが判断できます。
プロペシアは継続して服用することで効果が出てくるので中断しないで続けることで発毛効果が期待できます。

長く使うプロペシアは通販で買うとお得!

フィナステリドが入っている他の治療薬

フィナステリドが入っている治療薬は別にフィンペシアという薬もあります。
これはシプラ社が製造して販売している飲むタイプの薬です。
プロペシアと同様の有効成分であるフィナステリドが配合されていることで有名です。

よくプロペシアのジェネリック薬だといわれることもありますが、実は別の薬です。
プロペシアは特許が有効なので正式には違います。
主な特徴はDHTの働きの抑制です。
男性型脱毛症の原因の一つのDHTの働きを抑えることで抜け毛を防止します。
個人差がありますが通常だと3ヶ月から6ヶ月程度継続して使うことで発毛効果が出ることが多いです。

フィンペシアはFDAにも認可がされています。
フィナステリドはFDAから男性型脱毛症の治療薬として認可されていて、世界60カ国以上でも承認されています。
またキノリンイエローフリーなので安心です。
これまでの製品はコーティング剤に黄色203号というタール色素が使われていて、これが体に害を及ぼす可能性があるといわれていました。

男性の成人だと通常は0.2mg(0.2錠)を1日1回経口投与し、必要に応じて適宜増量できますが1日1mg(1錠)が上限です。
男性成人だけに効果が認められています。
また、妊娠中や授乳中、妊娠している可能性がある人も服用ができません。
他にも肝機能障害がある人も医師と相談してからになります。

フィンペシアを服用すると肝機能障害や食欲不振の症状が起きることもあります。
万一服用してから異常を感じたときには直ぐに服用を停止して医師に相談したほうがよいです。
効果については個人差がありますが大体3ヶ月から6ヶ月程度継続して服用することで発毛が期待できます。
目に見える効果を期待するときには最低でも1年程度は使い続けたほうがよいです。

インターネットなどの通販サイトでは偽物が販売されていることも多いので、個人輸入で購入するときも信頼できる業者から買うことが大切です。
服用を注意するとまた男性型脱毛症の症状が進行するので維持したいときは永続して服用する必要があります。

【信頼できる通販サイト→フィンペシア通販