ミノキシジルの使用方法

シャルトップ

育毛効果や発毛効果を期待できるミノキシジルは、いろいろな髪の毛の悩みを抱えている人に最適な成分です。
しかし、使用方法によっては髪の毛の悩みを解消できないこともありますし、副作用のリスクが高まってしまうこともあるので注意しましょう。
自己流で使っている人もいるかもしれませんが、正しい使い方を理解することで安全に使用できるということです。

ミノキシジルは1970年代にアメリカで血圧降下剤として開発された成分であり、使った人の体毛が増えたことが分かったため、髪の毛にも効果があるのではないかと考えられるようになったのです。
この成分の発毛のメカニズムとしては、血流を改善して毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化するというものであり、それによって発毛を促すとされています。

ミノキシジルの使い方は外用薬と内服薬の2つの種類があります。
ミノキシジルは髪の毛の悩みに高い効果を発揮してくれますが、頭の痒みや低血圧、不整脈、性機能低下、多毛症などといった副作用が出てしまうこともあるので注意しましょう。
もちろん正しい使い方を守れば問題ありませんし、使い方の注意点などを知っておくのがおすすめです。

ミノキシジルは医薬品なので育毛効果が期待できますが、使いたい時は皮膚科やクリニックなどで相談してみましょう。
この成分は症状の進行度や程度によって使用方法を変える必要がありますし、ドクターの診断をきちんと受けることが大切です。

それによって適切な量を処方してもらえるでしょう。
外用タイプのミノキシジルは基本的に1日2回を頭に塗るようにします。
ちなみに、内服タイプでも外用タイプでも、量を増やせば効果がアップするというわけではありません。
また、副作用のリスクが高まってしまうため、決められた量をきちんと使い続けるようにしましょう。

ミノキシジルを使う時には量にも注意が必要ですが、濃度もポイントとなります。
濃度の高いミノキシジルの方が効果も高くなりますが、副作用のリスクも高くなると知っておきましょう。
最初は低濃度のミノキシジルから試してみるのが良く、アレルギーや副作用が出ないことが分かったら濃度を少しずつ上げていくと良いでしょう。

ミノキシジルは1日2回定期的に使うことで効果があると言われています。
しかし、使ったり使わなかったりしたら効果は望めませんし、できるだけ毎日同じ時間に継続して使うことが大切です。
ちなみに、使い始めると抜け毛が増えてしまうこともあります。
抜け毛が増えると気になってしまうかもしれませんが、これは初期脱毛と呼ばれる症状です。
慌てて使うのをやめてしまうと効果が出なくなりますし、正しい使い方を続けることが大切です。

初期脱毛はミノキシジルによってヘアサイクルが活性化され、 古い毛が新しい毛に押し出されることで起こってしまう症状です。
そのためミノキシジルの効果が出てきたサインと言えるでしょう。
ミノキシジルは安全性の高い成分なのですが、自己判断で量を増やしてしまうのは良くありません。
ミノキシジルの副作用としては多毛症や性機能低下、血圧低下などといったものがあります。

ミノキシジルの処方について

ミノキシジルが含まれている薬には病院やクリニックで処方してもらう必要があるため、まずはドクターに相談してみると良いでしょう。
医療機関では知識や経験のあるドクターが髪の毛の状態を確認してくれますし、最適な量や濃度を決めてもらうことができるのです。
皮膚や髪の毛に適したミノキシジルを処方してもらうことできちんとした効果を実感できるでしょう。
ちなみに、カウンセリングだけは無料で受けることができますし、その時に気になることや分からないことなどを聞いておくのがおすすめです。

ちなみに、ミノキシジルを半年使っても効果が実感できないという場合、皮膚に合っていないことが考えられます。
専門のクリニックでは他の薬を試すこともできますし、量や濃度なども調整することができます。
そのためできるだけ早く相談すると良いでしょう。