ミノキシジルの副作用が出た場合の対処法

動悸を起こす男性

ミノキシジルの副作用で考えられるものとしては、低血圧 ・不整脈・動悸 ・多毛症 ・性欲減退・性的不能 ・にきび・肌荒れなどがあります。
低血圧の場合にはミノキシジルによる血管拡張作用によるところで、特に経口で高濃度のミノキシジルを服用したさいには出るリスクがあります。
ただ、もともと低血圧の場合には血圧が下がり過ぎて低血圧症になる可能性があるので注意が必要です。
また不整脈や動悸も低血圧に由来するもので、血管の拡張によって血行不良が起こり心肺機能が低下し、結果として動悸や息切れ、不整脈が発生します。
また多毛症は毛が増えることで本来の目的でもあります。
外用薬ではピンポイントで患部に塗布するので多毛症の副作用は出にくいですが、内服薬の場合にはどこから毛が生えてくるかわかりません。
性欲減退や性的不能といったものは原因ははっきりと分かっていませんが、ミノキシジルを服用することで出る場合があります。
にきび・肌荒れ・皮膚のかゆみは、内服薬ではなく外用薬で出やすい症状です。
特に皮膚に見られるもので場合によっては炎症まで発展する可能性があります。
この副作用の原因もはっきりとはわかっていませんが、血行がよくなることによって皮膚の成長が早められることや皮脂の分泌が盛んになることが原因として考えられています。

このようなことからミノキシジルには目的の作用が上手く出れば有効な薬といえますが、副作用が出る場合には使用を中止して薬の変更や別の治療法を試すのが無難です。
特にミノキシジルの副作用として注意しなければならないのが血圧に関係するものと生殖機能に関するものです。
血圧が下がり低血圧になると生活に支障が出てきますし、性欲減退や性的不能は子どもを作るさいに問題となります。

このような症状が出るリスクがあるのは局所的に成分を塗る外用薬よりも、より濃度の濃い内服薬で起こりやすいため、ミノキシジルの内服薬を使用する際には注意して利用する必要があります。

副作用によっては治療薬を変更しましょう

ミノキシジルで副作用が出た場合の対処法としては、服用を中止して医師に相談することです。
軽度の副作用の場合には服用を中止すれば次第にその原因となる成分が体内から排出されるので、副作用は収まっていくと考えられますが、重度の副作用の場合には何らかの疾患が関与している可能性があるので、医師の診断を受けるのが無難です。
またミノキシジルには禁忌薬や状態の体調の悪い人には使用してはならないルールもあります。
高血圧や低血圧、また心臓や肝臓に障害がある場合には必ず医師や薬剤師に相談した上で使用するかを決めることが大きな副作用を出さないためにも必要な処置です。

一方でミノキシジルで副作用が出た場合の対処法として治療薬を変更するというのも選択肢としてあります。
例えば内服薬を利用していて副作用が出た場合には作用が強く出過ぎていることが考えられます。
内服薬は濃度が濃いため副作用が出やすいため外用薬に変更するのも対処法です。
しかし外用薬でも副作用が出ないとは限りません。
特に皮膚の弱い人は皮膚炎になる場合があります。
皮膚が弱い場合には逆に内服薬に切り替えるといった方法もあります。
またミノキシジルとは作用が異なるものですが、プロペシアなど男性ホルモンに作用する治療薬に変更するというのも方法のひとつです。

なお、現在のところミノキシジルと同等の作用をする治療薬はありませんが、ミノキシジルと同じ働きをすると考えられる成分を含んだ育毛剤はいくつか販売されています。
ミノキシジルほどの作用は期待できませんが、場合によってはそれら育毛剤でも十分な結果が出る場合もあります。
いずれにしてもミノキシジルに固執せず、副作用が出た場合にはその他の選択肢を考えることが大切です。