副作用があるのにAGAにミノキシジルが人気の理由

ミノキシジルが人気の理由を説明する男性

AGAの中でも、ミノキシジルはよく使われる薬として人気を集めています。
しかし、ミノキシジルには副作用があることが知られています。
副作用があるのに、ミノキシジルの人気はなぜこれほど高いのでしょうか。

まず、理由のひとつめとして、ミノキシジルの作用の高さがあります。
ミノキシジルは、内服薬と塗るタイプの薬の2種類があります。
どちらも、血管を拡張し、頭へ栄養が行きわたるようにする結果、毛が生えてくるという作用です。

具体的に言うと、頭の血管というのは、他の部位と比較するととても細いです。
ストレスや生活習慣によって血管が収縮してしまうと、栄養が届きにくい状態になってしまいます。
ミノキシジルの血管を拡張する作用により、血液が流れやすくなり、栄養が頭まで届くなるというわけです。
頭に栄養がいくことで、髪の毛が生えてきやすい環境になると言うわけです。

また、AGAになると頭の血管が収縮するほかに、毛の生える元になる細胞の元気がなくなってしまいます。
毛母細胞と呼ばれる細胞ですが、髪の毛を作り出すほかに、成長の元になります。
細胞が元気がないと、成長途中の本来なら抜けなくていい毛まで抜け落ちてしまい、結果的に脱毛が進むという症状がみられます。

ミノキシジルの具体的な作用として、毛母細胞を活性化することで知られています。
細胞分裂が活発になるという理由から、髪の毛の成長が促進されます。
髪の毛自体も太くなり、抜けにくい状態になります。

抜け毛という症状があると、自分に自信がなくなり、消極的になってしまう人が少なくありません。
ミノキシジルは飲んですぐに毛が生えてくるという即効性はありません。
しかし、血管や毛母細胞に働きかけることで、少しずつボリュームが増えて、髪の毛にいい影響が出てきます。
確かにボリュームが増えるという実感が得られるので、ミノキシジルは人気の薬として男性から強い支持を集めています。
AGAには欠かせない薬と言っても過言ではありません。

AGAとは具体的にどのような症状をいうのか

AGAとは、日本語で男性型脱毛症と言います。
主に、思春期以降の、男性にみられる抜け毛が主な症状になります。

遺伝や体質が主な原因だと考えられてきましたが、最近では生活習慣も髪の毛に大きな影響を与えることが分かってきました。

AGAに悩む男性は多く、全国で1000万人を超える男性が悩んでいるといわれます。
遺伝による男性ホルモンの働きにより抜け毛が進行していくと考えられますが、具体的な症状としては、おでこなどの髪の毛の生え際または頭頂部、もしくは両方から髪の毛が薄くなっていきます。

抜け毛は仕方がないものだと諦めている人もいますが、AGAは進行性です。
放置していても自然に治ることはありません。
そのままにしていると、毛の量はどんどん抜けていき、髪の毛全体のボリュームが減っていきます。

AGAの原因は、男性ホルモンのうちの抜け毛を促進する因子であることが分かっています。
この因子は、成長途中の毛を脱毛してしまう働きがあります。
髪の毛本来の太さや長さに育たないまま抜けてしまうので、全体としてみるとさみしい感じになってしまいます。

しかし、AGAの特徴として、まったく毛がなくなるのではなく、産毛のような毛は残っています。
毛の生える細胞が残っているので、きちんとした処置を行えば、毛が生えてくる可能性は十分あります。
原因などが分かってきているので、昔のように抜けたら諦めるしかないという時代ではなくなりました。

AGAは、男性にとってつらい症状ですが、改善の余地はあります。
睡眠不足や偏った食生活なども抜け毛を促進します。
自分の状態を把握し、必要な処置や改善できる生活環境がないかを見直すだけで、抜け毛を防止することができます。