女性の薄毛の原因と名称

女性の髪の生え際

薄毛に悩む女性が増えていますが、その原因は多岐にわたるといわれています。
その中の一つにAGAと同じような原因で起こるものがあり、その名称をFAGAと呼びます。
AGAにFがついているわけですが、このFは女性を表わすfemaleからきています。
名称からも分かりますが、AGAと同じようにテストステロンの影響を受けて抜け毛が増えてしまいますので、基本的な仕組みは同じと考えて差し支えありません。

つまり、女性でもAGAになることはあり得るということです。
ただし、女性のAGAはあまり知られておらず、一般的なAGAに見られるような抜け方をしている人も見かけません。
ですから、本当は原因が違うのではないかと思われてしまうこともありますが、基本的な抜け毛の起こるメカニズムは同じであっても女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きが強いために、現れる症状は異なるといわれています。

FAGAは違う名称でも呼ばれていて、びまん性脱毛症という名前を聞いたことのある人もいるかもしれません。
薄毛の症状は部分的に現れるのではなく、全体的に薄くなっていくのが大きな特徴です。
ただし、厳密にいえば全ての箇所が均一に薄くなるわけではなく、とても薄くなっているところと少し薄くなっているところの差はあります。
薄くならない場所もあったりしてややこしいのですが、一定の部分だけがどんどん薄くなっていくものではないということです。
これが一般的なAGAともっとも異なる点です。

改善したい時には受診して薬を処方してもらったり治療を受けた方が良いとされていますが、自分でもできることがありますので地道に実践していくべきです。
気をつけたいのが、日頃の食生活やストレス、運動などです。
食事バランスが悪くなれば必要な栄養素が足りなくなって毛根まで届かなくなりますし、ストレスを受けると自律神経が乱れて体内循環に影響が出てきます。
運動が不足すると血行不良による抜け毛が増えます。

また、女性の薄毛についてはこちらを確認するのも良いでしょう。女性の薄毛に関しての情報が網羅されているのでおすすめのサイトです。

女性も使える薄毛治療薬

FAGAになった時、一般的なAGAの薬を使うのではなく、女性用の治療薬を使った方が良いようです。
FAGAの改善に使える薬の一つにパントガールがありますが、パントガールには薄毛を改善する際に欠かせないタンパク質のケラチンが含まれています。
その上、頭皮を正常に保つのに有効なパントテン酸カルシウムや代謝に関わるビタミンB群なども配合されています。

パントガールは、FAGAの治療以外にも出産後の薄毛治療に使える薬です。
この薬を飲むと毛根部分にある毛包や毛母細胞を活性化させることができ、毛根にある組織の代謝を促すことができます。
その結果抜け毛を減らすことができますので、まずは3ヶ月程度試してみることが大切です。
優れた薬ではありますが即効性はありませんので、すぐに成果が出ないからと諦めてはいけません。

他にも、FAGAではパントスチンが使えます。
パントスチンは加齢によって女性ホルモンが減少してしまって薄毛が引き起こされたような場合に有効です。
頭皮に塗るタイプの薬であり、テストステロンがFAGAの原因である脱毛因子へと変換されるのを防ぐことができます。
この働きにより、毛根が傷つかずに済みますので、薄毛は改善されやすくなります。

パントスチンはごく初期の頃から利用できる薬です。
早期の段階で使えば回復が早まりますので、なるべく進まないうちに治療を開始することが大切です。
私用し始めると1ヶ月程度でも変化が現れることがあり、長い間使っても問題はありません。
主な目的は成長している段階の抜け毛を防ぐことですので、抜け毛を予防したい時に利用する薬です。
育毛を促せるような薬と併せて使うと更に効率が高まるようです。