AGA治療の副作用?胸が膨らむ男性

胸が膨らむ男性

AGAは男性型脱毛症のことで特徴として男性に見られるもので、額の生え際から頭頂部から進行し最終的に脱毛してしまうものです。
側頭部や後頭部の毛は残るもので多くの男性に見られる症状です。
この原因については長らくわかっていませんでしたが、AGAに対して治療できる薬が開発されたことにより1980年代後半から市販されています。
日本では2000年代に入るとクリニックでも本格的な治療が行われるようになり現代では多くのAGA専門クリニックが登場しています。

AGAに使われる薬としてはプロペシアがあります。
プロペシアはフィナステリドと呼ばれる有効成分から成り立っています。
フィナステリドはもともとは前立腺肥大症や前立腺癌を治療する薬として開発されたものですが、その副作用として増毛することが知られ、それらを研究しAGA治療薬として開発されたのがプロペシアです。

プロペシアの作用は、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンという男性ホルモンに転換する酵素、2型5ーα還元酵素を阻害するというものです。
研究ではジヒドロテストステロンが毛のサイクルを狂わせることがわかっています。
毛は成長期、退行期、休眠期の3つのサイクルで絶えず生え変わっていますが、ジヒドロテストステロンが増えることによって成長期を早く終わらせてしまう指令を出すと考えられています。
ただし、すべての人が該当するわけではなくAGA発症者の多くにジヒドロテストステロンの濃度が濃いことがわかっており、つまりこのジヒドロテストステロンの量を減らすことで脱毛の原因を排除することが出来るということです。

このためプロペシア自体には発毛する作用はありませんが脱毛の理由を排除することができることにより、多くの場合には脱毛の症状を改善することができます。
一方でホルモンバランスに作用するプロペシアでは副作用のリスクもあり、使用するさいには副作用に注意して行う必要があります。

ホルモンで行うAGA治療の方法

AGA治療の多くはジヒドロテストステロンを抑える方法が行われ、この有力な薬として有効成分フィナステリドが含まれたプロペシアが使われます。
プロペシアは2015年から日本での特許が切れたためジェネリック医薬品も販売されています。
一方でホルモンに作用する方法はさまざまな副作用をもたらすことでも知られ、副作用に注意して治療を受ける必要があります。

プロペシアの副作用としては、頭痛、下痢、眠気といったもののほか胃部不快感や頻尿などが報告されています。
しかし特に副作用として注意しなければならないのが性機能障害です。
性機能障害は男性機能の低下であり、いわゆるEDになるということです。
このさいには性欲が失われるといったものから、性欲があっても勃起しないといったものです。
そもそも性欲というものは男性ホルモンの働きが大きく関与しており、つまり男性ホルモンの低下によって引き起こされます。
このためプロペシアが原因でEDとなった場合にはプロペシアの服用を止めればもとに戻ります。
ただしそのような症状を無視して服用し続けた場合には、本格的なEDになる可能性があるので注意が必要です。

またホルモンバランスが崩れて女性ホルモンが増えることで発生するのが乳房の女性化です。
男性でも女性ホルモンが増えると胸が女性のように膨らむことがありますが、それがプロペシアの副作用として引き起こされる可能性があります。
ただし胸が膨らむのは肥満によっても引き起こるので女性ホルモンの作用で膨らんでいるかを判断するには、乳首の状態や胸が張ったり、しこり、いたみを感じるといった症状の有無がポイントになります。
いずれにしても乳房の女性化はプロペシアの服用を中止したり量を減らすことで改善します。