AGA治療薬にある初期脱毛ってなに?

AGA治療薬

AGA治療薬には、いくつかの種類があります。
どの治療宅にも、初期脱毛と呼ばれる作用が起こることがあります。
せっかく症状を改善するために始めたAGA治療によって、毛が抜けてしまったら本末転倒だと感じる人もいるかもしれません。

そもそも、初期脱毛とは、内服薬や塗り薬を問わず、治療を始めてから毛が生えてくるまでに起こる脱毛のことを言います。
この期間のうちに、抜け毛が増えるという症状によってAGA治療を諦めてしまう人もいますが、実は薬が効いてきた証拠です。

人間の毛というのは、成長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返しています。
しかし、脱毛が進んでいると、成長期が短くなり、そのまま退行期や休止期に入ってしまうということがよく起こります。
成長できないので、細い毛のまま抜け落ちてしまい、結果的にボリュームが減るということです。
AGA治療をすることで、ヘアサイクルが正常化するので、一時的に抜け毛が増えるように見えます。

また、細く弱い毛を押し上げる形で、強くしっかりとした毛が生えてくるようになります。
毛が抜けていると心配になってしまいますが、AGA治療を始めて抜けた毛というのは、弱い毛だということです。
弱い毛があるよりも、強い毛が生えてきた方がボリュームは増えます。

そして、男性ホルモンの影響もあります。
AGA治療薬には、男性ホルモンのうちの抜け毛を促進する因子を抑制する作用があります。
抜け毛が多い地肌というのは、ヘアサイクルが乱れていますが、薬の作用で正常な頭皮になると、一時的に抜け毛が増えることもあります。

初期脱毛の知識があったとしても、多くの場合自分の毛が抜けてしまうと焦りを感じます。
しかし、焦ったり慌てたりする必要はまったくありません。
薬が効いてきている証拠なので、安心して状態を確認しましょう。
ただ、あまりにも本数が多かったり、状態が変わらないようであれば、医師に相談するようにしましょう。

初期脱毛は絶対に起こる症状なのか

初期脱毛は、AGA治療をすると絶対に起こる症状なのでしょうか。
答えは、絶対とは言えないというものです。
毛の状態は個人差がありますし、薬に対する反応が様々だからです。
薬の種類によっては90%以上の人にみられるということもありますが、絶対起こるとは言えない状態です。

初期脱毛は、薬を開始してからおよそ1~2ヶ月ほどで始まると言われています。
早い人ですと、服用から数週間で抜け毛が増えると感じます。
この時期に、服用を辞めてしまうというのはとてももったいないことです。
薬が効いている証拠なので、そのまま継続して飲み続けるようにしましょう。

初期脱毛は必ず治まります。
脱毛している期間も個人差がありますが、約1ヶ月ほどで改善されるという人が多いです。
初期脱毛で抜けている毛は、弱い毛です。
その次に強い毛が生えてくれば、必ず症状は改善します。

また、初期脱毛は毛がごっそり抜けてしまうこともありますが、治るときはある日突然ピタリと脱毛が止まります。
脱毛しているときは、抜ける毛を心配するのではなく、次に生えてくる毛を強くすることに注意を払いましょう。

薬の作用だから仕方がない部分もありますが、頭皮の状態は生活習慣を変えるだけで大きく改善することができます。
偏った食生活や喫煙、飲酒、睡眠不足などの生活を続けていると、頭皮へ栄養を届ける毛細血管が収縮してしまい、うまく栄養を運ぶことができなくなってしまいます。
成長ホルモンが分泌される22時から翌日の2時にかけては意識して寝るようにして、頭皮を健康な状態にしましょう。

初期脱毛は起こらない方がいいと考える人が多いですが、薬の効き目がわかるチャンスでもあります。
この期間に頭皮へのいい習慣をつけるようにしましょう。